竹谷内

TCC講師、竹谷内克彰医師を週刊朝日が取材


「体を壊す悪質“整体・マッサージ”」で、竹谷内克彰先生(本学卒・整形外科医)が警鐘を鳴らす

今回週刊朝日で取り上げられた内容は、ある患者さんが肩こりで近所の整骨院で施術を受けたときに、「肩こりの原因は首にあるので、首の矯正が必要」「矯正して自律神経を調整したら、筋肉が緩んで肩こりが治る」と患者さんに説明し、バキバキっと音を鳴らす施術をされて、首の痛み、手足のしびれ、頭痛が出始め、最終的に「脳脊髄液漏出症」であることが病院で判明した、というケース。

週刊朝日に取材協力

もうひとつは、フリーペーパーに載っていた整体院で、「このままだと将来、背骨が曲がらなくなり、さまざまな病気を引き起こす」と言われ通院を決めたところ、施術料とサプリメントや健康器具(マットレスと枕)の代金40万円を支払った、というケース。まったく症状が改善しないどころか悪化する一方で、院長に質問すると「これ以上の施術はできない」と態度を一変された、ということです。

患者獲得のために誇大広告を謳う治療院は、注意して見極める必要があります。

患者さんも、厳しい目をもつ知識をつけることが必要です。これだけ、誇大広告が蔓延していると、何が本当で何が正しい、という判断基準を持つことも難しいので、業界の努力も必要です。

ただ、おそらく誰でも想像できるだろうことは、優れた治療家、腕が良く予約がいっぱいの治療院というのは、誇大広告を打つ必要もなく、ましてやフリーペーパーや雑誌にお金をかけて頻繁に広告を出したりしないでしょう。

患者さんが来ないから、魅力ある言葉を巧みに並べて惹きつけなければならず、頻繁に有料広告を載せざるを得ないのです。

キャンペーンによる値下げの本質を見極めましょう。

キャンペーンにも色々あって、たとえば開業したてで治療院の告知のために「オープン記念」とするのは普通のことです。また、患者さんへの感謝の気持ちをこめて、数年毎にキャンペーンを行う、というのも普通にあります。

しかし、価格を下げた分、枕や布団やサプリメントを押し付けようとする先生は言語道断です。商品に頼らないと経営ができないか、患者さんを自分の「商売客」にしているにすぎません。こういう先生は、治療家としての質も問われるべきです。

女性なら経験したことがあるかと思いますが、フリーペーパーや有名サイトでの「新規の方 半額!」と謳った美容院で、 カットだけのはずだったのに「髪が痛んでいるからトリートメントをした方がいい」「自分で染めると痛むから、カラーリングは絶対美容院で」「シャンプーは別料金」「ロング料金別途」などで、結局たくさんお金を払うはめになった…

髪の毛ですし、必ずそのうち伸びるものですから、嫌な思いをしても諦めがつきますが、医療類似行為で同じことが行われるのは許しがたいです。

リラクゼーション店を全国展開する大手チェーンでの対応

施術中に起こったトラブルの内部資料を貴社が入手。そこにはさまざまなトラブルが列挙されていた・・・

同チェーン店の広報担当者曰く、「スタッフには1週間の研修で、事故が起こらないような技術を徹底しておしえています。」

本学が、4年間全日制で教えている「危険や禁忌を見分ける勉強」をなんと1週間で、しかも「徹底的」などという言葉を使っているところに、遺憾を感じます。危険や禁忌を見分けるのには、十分な医学的知識が必要なため、解剖学や生理学をはじめ、医科大学同等の基礎医学を学ぶ必要があります。

1週間で学べる訳がありませんし、教えているとしたら、トラブルがあったときのクレーム処理方法なのではないか、と疑ってしまいます。

医療者と医業類似行為の従事者の信頼関係がないのが大きな問題 -竹谷内医師-

週刊朝日に取材協力

「整形外科外来で多いのは、肩こりや腰痛の患者さんです。とくに腰痛は西洋医学の治療には限界があります。本来なら医業類似行為に携わる人たちと、われわれ医療者の連携が図れれば、健康被害も食い止められたはず。連携できないのは、両者に信頼関係がないからです」

と説明されています。

短期間養成、セミナー、法律すれすれの誇大広告を謳った学校、虚偽記載が横行し、自らを「ゴッドハンド」と呼ぶ無資格者と、きちんと教育を受け真摯に謙虚にやっているカイロプラクターが玉石混交としている状況で、医師が信頼するわけがありません。

また同時に、これだけ世界にカイロプラクティックが広まり、先進諸国のほとんどが法制化し、WHOも安全で効果のある代替療法として認めている、という背景から、正規のカイロプラクティックは腰痛や肩こりなどに効果が絶大、という事実を受け入れざるを得ない状況にあるが上に、保身のためにカイロプラクティックを認めたがらない、という医師も多いのです。

しかし、このような状況は、法制化された国々でも経てきた流れであり、日本に限ったことではありません。

安全で効果の高い治療院探しは

現在は、日本カイロプラクターズ協会のホームページで、全国のWHO基準カイロプラクターが検索できます。

日本カイロプラクターズ協会は、WHO加盟の世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体です。日本には団体がいくつもありますが、第三者機関に認められたものではないため客観的な安全の指標が明確ではありません。ですので、国内においては、唯一日本カイロプラクターズ協会が中立で正しい情報を発信し、協会内でも厳しい倫理規定を設けています。国民生活センターが、数多く寄せられるカイロプラクティックの健康被害を減らすために、日本カイロプラクターズ協会に依頼してカイロプラクティックの広告と安全性に関するガイドラインを作成しています。

日本カイロプラクターズ協会に登録できるのは、WHO基準カイロプラクターのみです。

現在、日本国内においては、東京カレッジオブカイロプラクティック卒業生と、海外の国際承認を受けたカイロ大学卒業者のみが登録できます。ですので、本学を卒業しているカイロプラクターは、安心です。

当サイトでも、卒業生の治療院リストを公開しています。ぜひご活用ください。

東京カレッジオブカイロプラクティック広報部長、クリエイティブ・ディレクター。印刷全般からウェブコンサルティングまで幅広く活動。

女子栄養大学食生活指導士、認知症予防食生活指導員

「40代から始める!ヘルシーエイジング」を運営。主に40代以降の女性たちに向けた「最後の瞬間まで自立して生きる」ことの大切さを親しみやすい記事を通して情報発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください