カイロプラクティックカフェ

TCCの学生が開催。カイロ&コミュニケーションカフェ、CCカフェに茅ヶ崎から広沢B.C.Sc.を招く

6月29日にc.cカフェを行いました。講師には茅ヶ崎で開業なさっている広沢先生に来ていただきました。
まず、先生からはカイロプラクティックでは哲学、科学、技術の3つの要素のバランスが大切。哲学は常になぜ?と疑問を持ち、質問し続ける事です。このお話が印象に残っています。自分はそこまで、考え続けていないと思いました。ハッとさせられました。

その後は、実習を交えながら講義をして頂きました。
いかに自分達が視覚に頼っているかとの事と元々凄い触覚を持っている事を再確認しました。
また、先生からは「みる」というのにも、見る、観る、視る等沢山の見方があり、色々な見方上手くなると「診る」が上手くなる。
「きく」というも、自分が主体の聞くではなく、相手の話を聴く事を意識してすれば信頼が得られる。とお話して頂けました。

最後に自分がどういうカイロプラクターになりたいか?
世界にどんな影響を与えたいか?を考えてみる。その目標や想いが勉強やその先の学習にとても大切。今日の実習も続けていくことで、段々と出来るようになっていくので続けて欲しいとお話して頂き講義が終わりました。

1~3年生が参加しました。
広沢先生は学年関係なく全員が参加できるお話をして頂き、全員楽しく実習を行いながら講義に参加できました。
広沢先生本当にありがとうございました!

WCCS(世界カイロプラクティック学生評議会)CCカフェ 担当

現在TCC3年生でカイロプラクティックを勉強中。鍼灸師。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.