千田英明

第68回国体に卒業生千田英明先生が活躍!


好成績のトップアスリートを生み出す、スポーツカイロプラクターの星!

2013年9月28日~10月14日、第68回国民体育大会本大会(通称:国体)が開催されています。

国内中のトップアスリートが一同に集う、いわずと知れたこの大会で活躍している卒業生がいます。

石川県代表のトップアスリートたちのケアを担当する専属カイロプラクターとして活躍されているのが、千田英明先生(第一期卒業、現在37歳)。自己ベストや好成績を目指す選手からオリンピック選手に至るまで多くのアスリートに最高のパフォーマンスを発揮できるよう、またケガを防ぎ、疲労を翌日の競技に持ち越さないよう、選手のクセや精神状態、体の調子などを監督と相談しながら、一番効果が出るタイミングやテクニックで一人ひとりに向き合っています。

アスリートケア

アスリートケア

千田先生は、石川県金沢市出身。高校卒業後、所属していた陸上部顧問の先生に薦められ、本学に入学。卒業後は地元石川県に戻り、自身のアスリート経験を活かしながら、アスリートを治療する経験に多く恵まれました。

これまで、中日ドラゴンズの合宿に帯同したり、石川県陸上競技連盟の専属カイロプラクターとして多くのトップアスリートを手掛けておられます。

「選手の精神状態や身体状態が、『身体を触ればわかる』」といいます。

自身が、厳しい陸上競技に身を置いてきたことで、大会前の精神状態やストレス、不安や期待、競技前の筋肉のこわばりや競技後の疲労など、経験してきただけに、よりアスリートに寄り添うカイロプラクターとして、着実に実績を積んでこられました。

「スポーツカイロプラクティックと、一般のカイロプラクティックとの違いは大きくはない」けれど、やはり治療を見学してみると、選手への配慮、リラックスさせる会話、競技前は負荷がかかりすぎず、かつリラックスしすぎない治療、競技後は翌日に疲労物質を残さない治療を行っているようでした。プロの仕事ですから、一般の人が簡単にできるものでも、見てすぐにわかるものではないですが、一番にその効果を体感しているのがアスリートたち。

皆、治療時は笑顔で千田先生とフランクな会話を交わしつつ、競技場に向かうときの凛とした表情は、国のトップにふさわしいアスリートの顔。

千田先生に、これまでのスポーツカイロプラクティックにおいて、心に残るエピソードを訊ねると、しばらく考え深げに回想していらっしゃいました。その時間は、おそらくこれまでの沢山の感動や、悲しみも思い出されているようでした。

「僕は、今、オリンピックに出場した選手も、今まさに日本のトップに立とうとしている選手も診ています。ごく限られた才能に恵まれた彼らに共通しているのは、『いつも動じずに平静でいる精神力』と『大会中にも関わらず、競技を終えるごとにパワーアップしていく、恵まれた肉体』だということです」

アスリートケア

多くの選手は、一回競技を終えるごとに、身体がガチガチに疲労して、翌日の競技に響かないようケアが必要らしいのですが、その中でもずば抜けて成果を出すトップレベルの選手は、カイロプラクターである千田先生が特別なケアをしなくても、どんどん身体状態レベルが高くなり、最終日の決戦に向けて勝手に身体がパワーアップしていく感じ、なのだそうです。自然治癒力や免疫力がかなり高い身体を持っている、またはその身体を作るために、日々の努力をしている、ということなのでしょうか。

これまでの国体にも毎年ケアサポーターとして活躍してきた千田先生。期間中は、選手団や監督と同じホテルに寝起きをし、食事をし、ケアをする。まさに一心同体の心強いサポーターに徹していらっしゃいます。

日本では、JFOCS(日本スポーツカイロプラクティック連盟)が、国際スポーツ大会に出席できる資格を持てるICSSD(国際カイロプラクティック・スポーツサイエンス・ディプロマ)のコースを来春開始すべく、活動しています。

2020年に行われる東京オリンピックで、本学卒業生が活躍する日が来ることも夢ではありません。

そのとき、千田先生が指揮を執って活躍されているのではないでしょうか。

クリエイティブディレクター:佐藤 靖子

東京カレッジオブカイロプラクティック広報部長、クリエイティブ・ディレクター。印刷全般からウェブコンサルティングまで幅広く活動。

女子栄養大学食生活指導士、認知症予防食生活指導員

「40代から始める!ヘルシーエイジング」を運営。主に40代以降の女性たちに向けた「最後の瞬間まで自立して生きる」ことの大切さを親しみやすい記事を通して情報発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください