世界のアスリートが求めるカイロプラクティック

世界のアスリートが求めるカイロプラクティック

今年開催されるロンドン・オリンピックでは、アスリートのケアを行うために、IOCによりカイロプラクターは正式ケア・サポーターとして参加します。カイロプラクティックは、世界的に「安全」「安心」「効果が高い」手技療法としてWHO(世界保健機関)に正式に認められ、広く世界ではトップアスリートのトレーニングにおける怪我の予防、コンディショニング、怪我の早期改善に貢献しています。トップアスリートはパフォーマンス・アップのために専属カイロプラクターに支援されています。

日本においても、世界と同様アスリートとそれを支えるサポーターとしての良好関係にあるカイロプラクターが存在します。それが、国際承認カイロプラクターなのです。

その一人は大分県大分市で開院されている「快効カイロプラクティック院」城戸﨑九一郎先生(きとざき・くいちろう)先生です。城戸崎先生は九州のアスリートの間では知る人ぞ知る、アスリートケアの第一人者です。

快効カイロプラクティック

先生は、常に思っています。

「アスリートは日々自分のかけた競技人生に全身全霊をかけて努力している。その努力に対して、一生懸命に日常アスリートが得ようとしている『心』『技』『体』を大会および人生において、我のみぞ知る満足できる結果を出してもらいたい。」

その思いを込め、アスリートの力が十分に発揮されるようアスリートのサポーターとして信頼関係に基づき歩んでいらっしゃいます。

そのためには「基本」が大切です。

「基本」とは、人と関わる思いやりの心、人の健康に関わる重責、プロのカイロプラクターとしての安全かつ有効なテクニックです。

城戸崎先生は、中学から高校、大学と10年間の競技歴の中で全国4位、九州チャンピオンという実績の持ち主です。また、大学卒業後は高校教諭として選手育成に力を注ぎ、大分県の女子駅伝監督を務めた経歴もお持ちです。

そのトップアスリート、選手を育てる監督という両輪の経歴を踏まえて、アスリートのスランプ、怪我の怖さ、回復に向けての心身の苦しさを十分に理解されています。そして現在、その経験に基づきスポーツを愛する現アスリート諸君に対し、お役立ちの心というモットーで国際承認カイロプラクティックを実践されています。

城戸﨑カイロプラクターの言葉

「僕がカイロプラクターとして成功できたとするならば、それは僕がかつて強い選手だったから、というわけではない。強い選手が名監督になれるわけではない、ということと同じことです。

快効カイロプラクティック

(写真右:日体大時代にいつも見守ってくれた堀江マネージャー・現美濃加茂高校陸上部監督、左が城戸﨑先生)。

アスリートというのは、強かろうが弱かろうが、そのスポーツが好きだからこそ、その道を歩みます。
そのスポーツが大好きだからこそ強くなります。

僕が、なぜこうして多くのアスリートに信頼されているかというと、それは僕がかつて、強い選手だったからこそ、怪我が多い選手だった、ということです。

毎日来る日も来る日も、ギリギリの限界まで自己記録を打ち出すために練習する。それは怪我といつも隣合わせだということです。そして実際に故障します。故障したときの選手の悔しさ、辛さ、なんとかして試合に出たい、という強い意志を、僕が強い選手だったからこそ、知っているのです。

だから、僕の治療院に訪れるアスリートの選手たちをケアするときは、彼らのドアを開けたときの表情、言葉にならぬ感情を、じっくりと観察するんです。

辛さと悔しさで、最初はぽつりぽつり、と喋っていた選手も、僕はカイロプラクターとしてという立場と同時に、経験者として同じ辛さや感情を持つ、同志として接することで心を開いてくれます。

カイロプラクターとして活躍中の城戸﨑先生

(写真上:現カイロプラクターとして活躍中の城戸﨑先生)
多くの治療家と僕との違いは、「しばらく安静に」とか「しばらく走らないで」とは言わないことです。

アスリートが、「しばらく安静に」したら、目の前の大切な試合には到底間に合いません。試合に出たいから治療にやってくる選手に、「練習はするな」とは言いません。

安静を必要とする場合には、イメージトレーニングを指導します。
「必ずしも体を動かすことがトレーニングとは限らない」
身体が故障中でも心にしっかりとした自分の理想であるパフォーマンスの想像は立派なトレーニングです。
そして、心で描いたイメージを効率よくパフォーマンスできるよう実際のカイロプラクティック療法もトレーニングの一環であるということです。
そんな僕の発信を聴いて、受信してくれるアスリートは身体は故障でも心の輝きは再び炎を燃やし、故障回復・スランプ脱出への道がスタートするのです。

国際承認カイロプラクターは、プライマリー・ヘルス・ケア(一番最初に健康に関わる問題を総合的に診る)に属しますので、外傷といわれる骨折や筋肉断裂等が疑わしき場合には、はっきりと「病院で精密検査をうけましょう!」と言う決断力も持たなければなりません。それも大切な信頼関係といえるでしょう。

このとき、僕は「同士であり、かつ『君を助けるカイロプラクター』として全幅の信頼を置いてくれ。僕の言う通りにやってみてくれ」と、その選手の監督に相談した上で、ストレッチや「試合までに最善な状態にもっていき、戦える心身」にするための指導も行うんです。これが、僕がかつて強いアスリートであった、という経験が活かされる瞬間かもしれません。

僕はもう現役アスリートではありませんが、今こうしてアスリートをカイロプラクターとして支援できる喜び、共にスポーツの感動を共有できる喜びを得ることができるのは、とても幸せなことだと思っています。

もし、何らかのスポーツを今皆さんがやっていて、将来アスリートケアをしたい、という夢を持っているならば、多くの職業同様、それはきちんと勉強し、医学も学び、身体の仕組みから治療テクニックまで習得する、という土台が必要です。命がけで0.01秒の差を埋めようともがいている選手に対し、生半可な勉強で触るなんてことは、選手が拒否するでしょうし、実際に助けることなどできません。

東京カレッジオブカイロプラクティック広報部長、クリエイティブ・ディレクター。印刷全般からウェブコンサルティングまで幅広く活動。

女子栄養大学食生活指導士、認知症予防食生活指導員

「40代から始める!ヘルシーエイジング」を運営。主に40代以降の女性たちに向けた「最後の瞬間まで自立して生きる」ことの大切さを親しみやすい記事を通して情報発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください