WCCSメンバー、3月に行われる学生評議会参加のためスペインへ!

東京カレッジオブカイロプラクティックのサークルのひとつ、WCCS (World Congres of Chiropractic Students)のメンバーが、毎年開催される学生評議会参加のため、3月22日にスペインに行くことが決定しました。

WCCSは、世界のWHO基準カイロプラクティック大学の学生が参加できる評議会で、各国のカイロ大学から多くの学生が集い、各々の国が抱える諸問題や、カイロプラクティック教育、法律など、様々な事柄について発表、討論します。
その結果、国際的に進言すべき事柄については提案や改善案をWFC(世界カイロプラクティック連合。WHO加盟のカイロプラクティック代表団体)に提出します。

本学には、この評議会に参加し、日本のカイロの現状を提言したり、世界のカイロ大学の学生と交流に関心のある学生が入会できるサークル「WCCS JAPAN」があります。
学生は、評議会出席に向けて英語のスピーチを勉強したり、課題をまとめたり、外国の学生たちへのお土産を作ったりします。国内でも様々なイベントを企画し、精力的に活動しています。

最終日には盛大なパーティが行われ、国境を越えて楽しく盛り上がります。同じ目標を持つ学生が集う機会なので、共通の話題は豊富。TCCの学生も、特にカイロプラクティックのことなら海外と対等に堂々と話すことができます。
この場を通し、海外の一生の友人を作る人もいます。


WCCS活動から、海外のカイロプラクターとの交流が続く

wccs

卒業生でも、学生時代にWCCSの世界評議会に参加し、そのときにできた海外のカイロプラクターの友人たちとFacebookを通して交流を続けている人がいます。
卒業後は臨床においての疑問や、最新の有益な情報を交換したり、カイロプラクターとしてのプロフェッショナルな交流をしています。

また、WCCSの活動と併せてTCCが国際承認を取得したことで、海外からの注目や問合せが増え、学校やWCCSのFacebookに直接問合せがあり、スペイン、デンマーク、オーストラリアなどからTCCを訪問してくれた海外のカイロプラクターたちもいます。

wccsこのような一生の財産を得られる機会がもてるのは、TCCならでは。

カイロケーションカフェ

WCCSサークルメンバーが企画し発足した、「カイロケーション・カフェ」。
カイロケーションカフェは、カイロで臨床をしている先生方や、業界活動を行っている先生方を招き、お茶を飲みながら気さくに話を聞いたり意見交換するイベントです。

参加はサークルメンバー以外の全校学生の参加が可能で、毎回多くの学生が参加。縦の繋がりもでき、クラスを超えて絆ができます。

WCCSの活動内容や予定は、Facebookで確認できます。詳しくはFacebookで!「WCCS Japan TCC」で検索してみてください。

クリエイティブディレクター:佐藤 靖子

東京カレッジオブカイロプラクティック広報部長、クリエイティブ・ディレクター。印刷全般からウェブコンサルティングまで幅広く活動。

女子栄養大学食生活指導士、認知症予防食生活指導員

「40代から始める!ヘルシーエイジング」を運営。主に40代以降の女性たちに向けた「最後の瞬間まで自立して生きる」ことの大切さを親しみやすい記事を通して情報発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください